亡くなった方の預貯金の取り扱いについて

相続

現在の判例では、亡くなった方の預貯金は遺産分割協議の対象とされており、葬儀費用など必要な支出のために払い戻すことができません。今年予定されている民法改正では、このような事態に対して柔軟な対応ができるようになります。

遺言書作成セミナーのお知らせ~千葉の行政書士です~

相続

終活という言葉が流行し、遺産分割、エンディングノート、信託、お墓問題等々、多くの情報が溢れています。それらの全てを吸収することができるでしょうか。初めて聞く情報は理由と共に理解しなければ、短時間で忘れてしまいます。本セミナーは最も身近な話題をその理由と共にお伝えして、情報の定着を図ります。

相続対策をしていますか

相続

「相続税がかかるほどの財産を保有していないから」という理由で、相続対策をしていない方が多いようです。しかし、財産の多い少ないに関係なく遺産をめぐる争いは起こるのです。そうならないように元気なうちにご家族のために動き出しましょう。

車庫証明はいつ必要になるでしょうか

車庫証明 自動車登録

車は陸運支局で登録されなければ乗ることができないのです。どの車にもナンバープレートが付いていますが、陸運支局で登録された車がナンバープレートを付けることができるのです。車庫証明(保管場所証明)は、この登録申請のときに必要な書類なのです。結論は登録申請時です。

40代から始める相続対策【遺言書にメッセージを添えましょう】

40代から始める相続対策

あなたの残した遺言書の内容について、ご納得いただけないご家族が現れることもあり得ます。法的な効力はありませんが、付言事項にあなたの想いや感謝の気持ちを綴って、あなたの最後のメッセージとして、残されたご家族へ伝えることで、遺言書の内容にご理解いただけることでしょう。

40代から始める相続対策【遺留分権利者と遺留分減殺請求】

40代から始める相続対策

あなたがこの世を去ったときに残されたご家族が遺産をめぐって争わないように、事前対策として遺言書を書いたとしても、内容によっては遺留分権利者に遺留分減殺請求権を行使される場合があります。遺留分権利者の遺留分を侵害した場合がそれにあたります。

ページの先頭へ