軽微な工事とは

建設業許可

建設には種類や規模など様々な条件がありますので、すべてにおいて建設業許可が必要と言う訳ではありません。建設業許可は軽微な建設工事以外の建設工事を請け負う場合に取得が必要とされています。

建設業許可が必要になる業務とは

建設業許可

「請け負う営業」で「29種類の中の工事をする」場合に、建設業許可が必要となりますので、宅地建物取引業の営業や物品の販売など建設業と異なる営業は、建設工事にあたらず、許可は必要としません。

建設業許可とは

建設業許可

世の中には様々な職業があり、行政の許認可がなければ始められない業種もあります。建設業の許可もその一つです。今回は建設業許可とは何なのかをテーマにしたいと思います。

遺言書作成セミナーのお知らせ(2019年3月)~千葉の行政書士です~

相続

終活という言葉が流行し、遺産分割、エンディングノート、信託、お墓問題等々、多くの情報が溢れています。それらの全てを吸収することができるでしょうか。初めて聞く情報は理由と共に理解しなければ、短時間で忘れてしまいます。本セミナーは最も身近な話題をその理由と共にお伝えして、情報の定着を図ります。

建設業の株主資本等変動計算書の構成と役割

建設業許可

株主資本等変動計算書は、貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、主に株主に帰属する部分である株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成される決算書です。その中心にある当期変動額がこの計算書の重要部分ではないでしょうか。例を見ながらイメージを持っていただけたらと思います。

ページの先頭へ