民泊とグリーンツーリズム

民泊

民泊オーナーにとって、アイデア次第で多くの集客を実現することがでいます。グリーンツーリズムと絡めた民泊経営はいかがでしょうか。体験型の滞在は大きなチャンスだと思います。

非常用照明の設置について

民泊

民泊のオーナーは、宿泊者の安全管理が求められます。非常時に宿泊者が避難できるよう、非常用照明の設置が必要ですので、その要件を事前に確認しましょう。

千葉で民泊経営の先駆けになりませんか

民泊

住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行された頃は、開業届出が多く出されたようですが、最近は落ち着いているようです。千葉県は東京から近いうえ、多くの観光スポットを持っています。まだ民泊開業の実例はそれほど多くはないようですので、今のうちに開業を検討されてはいかがでしょうか。

遺言書作成セミナーのお知らせ(2019年6月)~千葉の行政書士です~

相続

相続関連をテーマとしてセミナーやイベントが数多く開催されています。1時間あまりのセミナーで多くの情報を提供されて理解できますか。分かったような気がするものの、翌朝になれば多くを忘れている可能性が高いと思います。多くの情報を詰め込まないセミナーに参加してみませんか。

空室対策で民泊を始めませんか

民泊

「入居者の募集が行われている家屋」であれば、民泊として届出をすることができます。空室対策にお悩みのアパートオーナーさんには、収益源の一つとして民泊経営をご検討いただきたいと思います。

民泊の管理人について

民泊

たとえ民泊の物件がご自宅のすぐ近くにあったとしても、住宅宿泊管理業者への委託が必要になるケースがあります。どのような時に委託が必要になるのか、ご確認ください。

ページの先頭へ