法定相続分は割合を定めたものであり、遺産を相続人の間で割合による共有状態にするものです。つまり、「誰に何を」を決めなければなりません。このあと相続人の間で遺産分割協議を行い、「誰に何を」を決めることになりますが、ここで相続人間での争いが起こるのです。そうならないように、あなたが遺言書で「誰に何を」を記しておく必要があるのです。