あなたが遺言書を書かずにこの世を去った場合、あなたの財産は法定相続という民法上の制度により持ち分が定められます。
遺されたご家族(相続人)があなたの生前にどのような事をしていたのかに関わりなく、一定の親族の間で一定割合により決められます。
平等と言えば平等と言えるでしょう。個別事情を考慮し始めるときりが無くなります。

 

とは言っても、相続人の中には、あなたの生前に何百万円ももらっている人や、反対にあなたに対して経済的支援を続けてきた人がいるなど、実際にはその家庭に様々な事情があり、法定相続の通りに分割したのでは、不公平であると強く感じる相続人も出てくると思います。

民法では、このような個別事情を財産の分割に反映できるような制度を定めていて、特別受益寄与分があります。
特別受益とは、相続人の中にあなたから特別の利益を受けた者がいる場合の不公平を調整するために設けられた制度です。特別受益にあたる場合は、その受益は「遺産の前渡し」として、その相続人はあなたから先に財産を受け取ったものとして、相続分を計算することになります。
民法では、以下のものが特別受益に定められています。
①遺贈
②生前贈与
・婚姻、養子縁組のための贈与
・生計の資本としての贈与

寄与分とは、相続人があなたの生前に相続財産の維持や増加に貢献した場合、その貢献が「寄与分」として認められれば、相続財産から寄与分を除いた額による分割額を計算し、最後にその分割額に寄与分を加えて取得することができる制度です。

特別受益や寄与分をめぐる紛争

では、特別受益や寄与分はどのように特定するのでしょうか。ここが難しいところで、その金額をいくらと評価するのかで争いになることが多いのです。
あなたがこの世を去った後の火種は絶対にないとは言い切れません。それを少しでも減らせるよう、事前に対策を講じる必要があります。
その有効な手段として、遺言書作成があるのです。

 

特別受益や寄与分を考慮した遺言書を作成しておけば、あなたのいないところでの相続人間の紛争は予防できるのです。

 

つぎは、ブログ管理人 「行政書士 岩堀泰一郎事務所」のホームページでお目にかかりましょう!