あなたがこの世を去った時、残されたご家族は深い悲しみに包まれながら、今後の対応のために動くことになります。

その中で、お金に関する問題にも直面するわけです。
あなたと生活を共にしていた奥様は、当面の生活費をどうするのか、を考えなくてはなりません。

 

また、葬儀費用を支払うために多額の現金が必要で、その対応にも追われます。
残されたご家族の財産から支払うことができれば良いのですが、額が大きいため簡単なことではないと思います。

 

亡くなった方の預貯金について、現在の判例による判断は、遺産分割の対象となるとされています。

 

ですので、法定相続分(奥様なら半分)に従って自由に使うことができる、と言う訳にいかないのです。
自宅などのその他の財産と合わせてどう分けるかを、残されたご家族で話し合わなければなりません。

 

しかし、遺産分割協議が終わっていないことを理由に、葬儀費用など当事者以外の方への支払いを滞らせるわけにもいきません。

 

この件につきまして、2019年7月に改正が予定されている民法では、柔軟な対応ができるようになっており、仮払いとして預貯金を払い戻すことができるようになります。

 

 

残されたご家族は、遺産である預貯金のうち、口座ごとに以下の計算式で求められる額(ただし、同一の金融機関に対して150万円を限度とする)までについては、他のご家族(例えば奥様から見たお子様、お子様から見た奥様)の同意がなくても単独で払い戻しができます。

【計算式】
単独で払い戻しをすることができる額
=(相続開始時の預貯金の額)✕(3分の1)✕(払い戻しを求めるご家族の法定相続分)

【具体例】
残されたご家族 奥様 お子様1
預貯金600万円
600万円 ✕ 1/3 ✕ 1/2 = 100万円
※残されたご家族が奥様とお子様のため、法定相続分は1/2ずつです。

 

 

奥様とお子様がそれぞれ100万円を限度に、払い戻しを求めることができます。

 

つぎは、ブログ管理人 「行政書士 岩堀泰一郎事務所」のホームページでお目にかかりましょう!