あなたがこの世を去った時、その財産は法定相続人の共有財産となります。
残されたご家族が、奥様とお子様(長男・次男)だとすれば、奥様が1/2、残りをお子様が2人で分けることになります(長男・次男が1/4ずつ)。

分けると言いましても、割合を定めているだけで、具体的に「誰に何を」が決まっていません。

このような財産の共有状態は、後々始まる遺産分割協議をきっかけに、争いの原因となりうるため、私は遺言書の作成をお薦めしております。

遺言書の作成は、あなたの財産を誰にどのように分けることがベストなのかを考える機会を与えてくれます。そのために、今あなたの財産はどのようなものがあるのかを確認しなければなりません。
これは、労力がかかるため、心身ともに元気な時に作成するのが望ましいと思います。

ところで、各ご家庭にはそれぞれ事情があるため、必ずしも法定相続人に財産が託される訳ではありません。
上の例で言いますと、奥様やお子様ではなく、お孫さんに託したいという方もいらっしゃるかもしれません。

ここで、法定相続について簡単にご説明しておきます。

法定相続人とは

あなたが奥様(配偶者)よりも先に亡くなると、配偶者は法定相続人になります。
あなたに血族の相続人(あなたの子、両親や兄弟です)がいれば、配偶者は血族の相続人とともに法定相続人となりますし、血族の相続人がいなければ配偶者のみが法定相続人になります。

血族の相続人は以下のとおりであり、法定相続人になる順位があります。
第1順位 子(あなたの子です)
第2順位 直系尊属(あなたの両親・祖父母です)
第3順位 兄弟姉妹(あなたの兄弟姉妹です)
子と両親・祖父母が同時に法定相続人になることはありません。子がいれば、第2順位以下の血族の相続人は法定相続人にはなりません。直系尊属と兄弟姉妹の関係も同様で同時には法定相続人にはなりません。
配偶者は常に法定相続人になりますので、血族の相続人との組み合わせは下表のとおりとなります。

配偶者 直系尊属 兄弟姉妹
配偶者 〇(第一順位) 〇(第二順位) 〇(第三順位)
直系尊属
兄弟姉妹

〇法定相続人になれる ✕法定相続人になれない

また、配偶者がいないときには、同順位の血族の相続人が法定相続人になります。
例えば、あなたが亡くなった時に、配偶者がいなくて子と直系尊属(あなたの両親・祖父母)が残された時、子が法定相続人になります。直系尊属は法定相続人にはなりません。

遺言書を書きましょう

あなたのお子様がご健在の間は、お孫さんが相続人になることはありません。
そのためには、遺言書でお孫さんに財産を託す内容を書くことになります。
この方法であれば、お孫さんに財産を託すことができます。
相続人でない方に遺言で財産を託すことを遺贈と言います。
奥様とお子様を飛び越えて託されますので、後々争いとならないよう、事前に相談するなど注意が必要だと思います。

 

つぎは、ブログ管理人 「行政書士 岩堀泰一郎事務所」のホームページでお目にかかりましょう!