もし、あなたがご家族を遺してこの世を去った場合、だれが法定相続人になるのでしょうか。相続には養子縁組や代襲相続などに影響されるケースもありますが、基本的なケースは知っておいた方がよろしいかと思います。

配偶者は常に相続人になります

あなたが配偶者よりも先に亡くなると、配偶者は法定相続人になります。
あなたに血族の相続人(あなたの子、両親や兄弟です)がいれば、血族の相続人とともに法定相続人となりますし、血族の相続人がいなければ配偶者のみが法定相続人になります。

血族の相続人について

血族の相続人は以下のとおりであり、法定相続人になる順位があります。
第1順位 子(あなたの子です)
第2順位 直系尊属(あなたの両親・祖父母です)
第3順位 兄弟姉妹
子と両親・祖父母が同時に法定相続人になることはありません。子がいれば、第2順位以下の血族の相続人は法定相続人にはなりません。直系尊属と兄弟姉妹の関係も同様で同時には法定相続人にはなりません。
配偶者は常に法定相続人になりますので、血族の相続人との組み合わせは下表のとおりとなります。

配偶者 直系尊属 兄弟姉妹
配偶者 〇(第1順位) 〇(第2順位) 〇(第3順位)
✕ 
直系尊属
兄弟姉妹

〇:法定相続人になれる ✕:法定相続人になれない

また、配偶者がいないときには、同順位の血族の相続人が法定相続人になります。
例えば、あなたが亡くなった時に、配偶者がいなくて子と直系尊属(あなたの両親・祖父母)が残された時、子が法定相続人になります。直系尊属は法定相続人にはなりません。

 

あなたが亡くなった時に、誰が法定相続人になるのか知った上で、どのように財産を残すことがご家族にとって幸せなのかお考えになって遺言書を作成しましょう。

 

つぎは、ブログ管理人 「行政書士 岩堀泰一郎事務所」のホームページでお目にかかりましょう!