こんにちは。行政書士の岩堀です。
40代の方にはまだ早いと思われる相続対策。
でも、決して早くないのです。
それをお伝えしたくてこのブログを始めました。
毎回少しずつ、いろいろな事例を交えて相続対策の選択肢をご紹介いたします。

1.なぜ遺言書が必要か

たとえばあなたが亡くなったときに、悲しみに包まれたご遺族は、あなたが残した財産の取扱に直面するでしょう。
何をどうしたら良いのかという戸惑いや、ご遺族それぞれの考えの違いによる衝突など様々な問題が発生し得ます。
このようなご遺族間の衝突、紛争は統計的にも年々増加しています。
感情的な対立が表面化し、解決のためには大変な労力が必要とされるのです。


こういった事態を回避するためには、「起きる前に予防すること」が必要で、その手段としては最もポピュラーで取り組みやすい遺言書作成です。

 

遺言書に具体的な分割内容が記載されていれば、そのとおりに分割の手続をすれば良く、ご遺族が遺産分割協議をする必要はありません。
また、その遺言内容に不満を抱く方がいたとしても、あなたの思いや感謝の気持ちを添えておくことで、ご納得いただけることもあり得るわけです。

 

これから数回に分けて遺言書についてお伝えしますので、その必要性をご理解いただき、是非「起きる前に予防すること」を実践していただきたいと思います。

 

相続にはあなたご自身の相続がありますが、一方あなたのご両親が亡くなったときのことも考えておいた方がよろしいかと思います。

 

40代からの相続対策、次回はあなたのご両親の相続についてお伝えしたいと思います。
ご覧いただきありがとうございました。

 

つぎは、ブログ管理人 「行政書士 岩堀泰一郎事務所」のホームページでお目にかかりましょう!